Headshot

Dr. Lauren Stiroh

マネジングディレクター

独占禁止法・競争政策プラクティス代表

コンタクト情報

White Plains, NY
電話番号 +1 914 448 4143
ファックス +1 914 448 4040

Eメールアドレス: lauren.stiroh@nera.com
vCard: ダウンロード

学歴

ハーバード大学 経済学博士
ブリティッシュコロンビア大学 経済学修士
ウェスタンオンタリオ大学 経済学部卒

職歴 

独占禁止法、知的財産、また損害賠償のエキスパート。独占禁止法の分野では、私的独占や排除行為、抱き合わせ商法や垂直的制限行為、価格協定や略奪的価格形成、価格差別や不適切な標準設定などに関わる様々な問題対して関連調査の実施、専門家意見書の作成、法廷での証言を行なってきた経験を有する。合併や買収、ジョイントベンチャーの競争への影響の分析も行っている。また、クラスアクション訴訟に関わる、経済的な影響や損害についての専門家意見書の論文の執筆や、コンサルティングサービスも提供している。活躍している業界は多岐に及び、様々な業界において損害算定やその評価に携わってきた経験を有する。

知的財産分野においては、知的財産の価値や、その価値評定について専門家意見書の執筆や法廷での証言を行なってきており、半導体、バイオテクノロジー、製薬、医療機器、その他消費財を含む様々な産業において、特許、著作権や商標の侵害により起こる損害額の算定や相手側意見書の検討に携わっている。意見書執筆や法廷証言の多くは、独占禁止法と知的財産訴訟の両分野の要素を含む訴訟に関わるものである。実際、テクノロジー産業における市場支配力の分析や、抱き合わせ商法、特許プールを含むライセンス契約の査定を行った経験をしている。2005年には、Economic Approaches to Intellectual Property Policy, Litigation, and Management の共編、寄稿も行っており、2002年には米司法省、及び連邦取引委員会の共同公聴会"Competition and Intellectual Property Law and Policy in the Knowledge-Based Economy"にも参加している。

米国連邦取引委員会、米国司法省、カナダ公正取引委員会に対して分析結果の説明を行った経験を有している。また、米連邦裁判所及び州裁判所、カナダのオンタリオ最高裁判所の訴訟手続きにおいての専門家証言を行った経験を有している。仲裁に関してはthe Judicial Arbiter Group や the American Arbitration Associationの仲裁において証言した経験を有している。The Global Arbitration Review による国際商事仲裁鑑定人ガイド、 "The International Who's Who of Commercial Arbitration 2012"では経済学エキスパート証人の第一人者として紹介されている。

入力されたキーワードに該当する結果はありませんでした。 入力キーワードを変更して再度検索を行ってください。