Headshot

Mike King

アフィリエイテッドコンサルタント

コンタクト情報

Denver
電話番号 +1 303 357 4781
ファックス +1 303 357 4784

San Francisco
電話番号 +1 303 618 4915
ファックス +1 415 291 1020

Washington, DC
電話番号 +1 303 618 4915
ファックス +1 202 466 3605

Eメールアドレス: mike.king@nera.com

学歴

ワイオミング大学 経済学修士

ワイオミング大学 経済学部卒

職歴

エコノミストとして電力卸売市場、電力事業会社の再編・戦略・規制において豊富な経験を有する。最近注力しているのは、商業発電事業セクターであり、M&Aに関する戦略と価値評価のアドバイス、商業発電業者の資金調達のサポート、経営不振企業の財政再建に関するアドバイス等を提供している。発電セクターにおける注目を集めた訴訟において専門家証言を行っている。

エネルギー事業セクターにおいて手掛けた案件は、紛争や発電施設の買収およびそのファイナンスが中心となっている。これまでに、契約にかかる紛争において専門家報告書を何度も提出している。北米・欧州・アジア太平洋地域における20,000 MW以上の発電量の買収案件において、価値評価のサービスを提供し、買収の支援を行った。また、卸売エネルギー市場に関わる主要な権威の一人として、エネルギー事業会社のファイナンスを支援するための市場専門家による第三者調査報告書の作成を監修したこともあり、北米における高額な資金調達は大抵手掛けていることになる(例えば、シンジケートローンおよび資本市場におけるNRGの北東ポートフォリオ、シンジケートローンおよび資本市場における米国ジェネレーティングのニューイングランドにおける資産、ニューヨークにおけるオリオンパワーの資産、シンジケートローンおよび資本市場におけるエジソンミッションエナジーのホーマーシティおよびミッドウエストジェネレーションの資産、シンジケートローンおよび資本市場におけるミラントの米国ポートフォリオ、シンジケートローンおよび資本市場におけるリライアントの北東ポートフォリオ、北東部の原子力買収を支援するためのエンタジーによる信用状、レイク•ロードの施設、FPLライズの施設、エクセロンの電力事業の信用格付け、AEPの事業の信用格付けなどがある)。

さらに、これまで何度も重要な訴訟において専門家証人を務めている。エネルギーセクターのM&Aや発電所の不正買収の申立といった商業上の損害賠償の事案において、問題となった施設の価値評価を行っている。原告は最終的に5億ドルを超える損害額を請求した。最近、工場所有者が工事請負業者に対して4億5千万ドル以上の損害額を請求した工場建設をめぐる紛争では、専門家報告書を提出している。当報告書では現在の工場の価値と将来の収益の合理的な見込み額や、施設の建設や開発の各段階における金融価値について調査・分析を行った。イリノイパワー(イリノイ州の電力・ガス会社、現・Ameren Corporation)の新規発生源審査案件を既に手がけており、アメリカン・エレクトリック・パワー(AEP、米国南部を中心に電力供給を行う会社)の新規発生源審査案件にも関与する予定である(これらは、数十億ドル規模の案件である)。公益事業会社による発電所の維持管理活動の結果、排出量増加の見込みが合理的かどうかを判断するための専門家証言にも寄与している。

デフォルト供給の顧客にサービスを提供するための電力調達およびデフォルト供給料金に電力プロジェクトの費用を含めることの合理性について専門家証人を務めている。 また、成果主義的ならびにインセンティブに基づく規制制度の設計と実施に関する専門家証人を務めたこともある。カナダのオンタリオ州内の270以上の公益事業会社や消費者団体、政府、規制当局に対して、利害関係者の関与手続の設計と実行を含め、オンタリオ州のために成果主義に基づく規制体系の開発を主導した。

エネルギー市場再編における規制障壁の影響を評価にとどまらず、当該市場における新規企業の参入を促す役割も果たしている。統合されたたガス会社の小売子会社のために、既存および買収されたガスのマーケティング、熱電併給システムの開発、および成果連動型契約などを単一の事業体に統合する事業計画を作成した。当該事業計画の承認に伴い、再編会社の暫定マーケティング担当シニアヴァイスプレジデントとして勤務した。その後、3つの大規模公共電力会社からなる電力マーケティング合弁事業の立ち上げに尽力した。

直近では、構造化された送電マーケティング会社の開発に注力しており、商品開発においてオプション価格設定手法の開発と利用を指揮している。

NERA入社前は、PAコンサルティング(旧PHB Hagler Bailly)において8年間勤務し、直近ではマネージング•パートナー、エネルギーグループ副代表、グローバル•エネルギー卸売市場プラクティスの代表を勤めていた。PAコンサルティングの拡大マネジメント・コミッティにも参加しており、担当プラクティスの損益管理の責任者を務め、戦略、M&A、資金調達プロジェクトを数多く主導していた。

入力されたキーワードに該当する結果はありませんでした。 入力キーワードを変更して再度検索を行ってください。