金融資産の価値に関わる紛争:株式と新株予約権の適切な価値評価方法について

NERAエコノミックコンサルティング東京事務所
2017年9月22日
主催 : NERAエコノミックコンサルティング

昨年最高裁決定が出たジュピターテレコム株式取得価格決定事件をはじめ、企業合併、分割、MBOなど企業組織再編に関わる経営の主導権争いや投資ファンドとの紛争にかかわり、交渉・訴訟等の場面で株式の価値評価が求められることは珍しくありません。また、近年、新株予約権や株式オプションの、金融派生商品としての価値評価が重要な争点となる事件も徐々に増加しています。そこで、本講演では、これらの金融資産の価値評価に用いられる手法を、事例を交えて説明し、価値評価や第三者専門家の活用方法のあり方について解説いたします。

日時: 2017年9月22日(金) **ご好評のため午後4時からの講演を追加いたしました**
【午後1時30分〜午後3時00分】及び【午後4時00分〜午後5時30分】 (同内容にて2回講演)
講師: シニアコンサルタント 矢野智彦
会場: NERAエコノミックコンサルティング東京事務所
東京都千代田区内幸町1-1-1 帝国ホテルタワー14階) 
対象者: 法務担当者、経営企画担当者、弁護士等
受講費: 無料
定員: 各10名

問い合わせはこちらからお願い致します ここをクリック.