知的財産

知財の損害賠償分析

企業は、侵害の申し立て、契約違反、専門家による業務過誤、独占禁止法による反訴、価格設定に関する紛争のような様々な知財関連の紛争に巻き込まれ、損害賠償を求められる可能性があります。

NERAの知財専門家は、このように多様な事案において損害賠償額の評価を行った経験を有しております。NERAでは、売上喪失・値崩れ・適正なロイヤルティ・不当利得・事業価値の喪失などに関連して逸失利益を算定するための分析を行っております。NERAはこれまでに、特許権、商標権、著作権、営業秘密、虚偽広告や誤認を招く広告などに関連した数多くの事案で損害賠償額を算定しています。

名前 役職 開催場所 電話番号 Email
石垣 浩晶 (Dr. Hiroaki Ishigaki) マネジングディレクター
東京事務所代表
東京 +81 3 3500 3295 hiroaki.ishigaki@nera.com
タイトル タイプ 著者
特許権侵害紛争における損害賠償 Published Article 石垣浩晶
『知財紛争の経済分析』 米国先進事例に学ぶ損害賠償額の算定原則 Book NERAエコノミックコンサルティング編
タイトル 開催日 タイプ
知財権侵害の賠償額―「数量×利益」が一般的(トラブル防止虎の巻) 2009年11月12日 プレスリリース