知的財産

独占禁止法による反訴

NERAが、独占禁止法と知的財産関連法のどちらにも関連の深い問題に対して経済分析を提供することは珍しくありません。

NERAは、市場画定、競争阻害性、損害賠償といった問題に厳密な分析手法を適用して解決策を提案しています。NERAの専門家は、幅広い産業に精通しており、独禁法による反訴を含む法廷審理や規制手続において、経済分析の結果を提出した経験を有しています。例えば、標準・規格設定やライセンスにおける独禁法上の問題や、合併により取得される知的財産の価値の分析等を提供してきました。NERAは、市場画定、市場支配力、競争制限効果の可能性といった当事者が立証責任を負う独禁法上の問題や、独禁法違反による損害額を評価する分析を数多く受任してきました。NERA専門家は、各国・地域における知財および独占禁止法分野の最新動向をフォローしており、特に急速な進展を見せる医薬品やハイテク分野に注目し、常に最新の知識に基づくコンサルティングを提供できるよう心がけております。

入力されたキーワードに該当する結果はありませんでした。 入力キーワードを変更して再度検索を行ってください。

タイトル タイプ 著者
『知財紛争の経済分析』 米国先進事例に学ぶ損害賠償額の算定原則 Book NERAエコノミックコンサルティング編