国際移転価格

グループ内役務提供取引

NERAはグループ内役務提供取引に係る、第三者からの批判に耐えうる文書化の枠組みを構築しており、世界的各国で適用しています。この枠組みは役務提供料を独立企業間原則に則して評価するための体系的アプローチで構成されています。

グループ内役務提供取引の文書化におけるNERAアプローチは、まずクライアントの事業単位毎の機能と費用を深く理解します。

• 事実情報を収集した後、費用を明確に区別されたカテゴリーに分類する
• 各カテゴリーを客観的に評価し、各費用項目が経営管理活動、ルーティン活動、ノンルーティン活動のどれに該当するかを決定する
• 役務提供費用は各カテゴリーのうち各関連者に請求可能な費用項目が決定され、役務提供費用として関連者に配賦される
• ノンルーティン役務提供取引に見合う独立企業間価格は、拡張可能でかつ包括的なベンチマーク分析を通じて厳格に算定される
• 最終的に体系的アプローチの各構成要素を統合し、関連当事者に請求される役務提供取引料の合計額を算定する

NERAはすべての役務提供取引の元データへの追跡が可能となる体系的アプローチに基づきグループ内役務提供取引の文書化を行っているため、移転価格調査における立証を支援することができます。

• NERAは通常の事業プロセスで作成、維持される日常的な会計データを使用するため、クライアントにとってデータ更新が容易になり、自社システムにおける枠組みの導入・維持が可能
• NERAは公開情報に基づき分析を行ない、分析プロセスの検証が可能となるようクライアント向け文書を作成することで、長期間にわたり高い付加価値を提供 

入力されたキーワードに該当する結果はありませんでした。 入力キーワードを変更して再度検索を行ってください。

入力されたキーワードに該当する結果はありませんでした。 入力キーワードを変更して再度検索を行ってください。