価値評価

複雑な金融派生商品と証券の価値評価

価値評価で用いられる経済学的な考え方を理解しなければ正しい価値評価を行うことはできません。NERAは事業価値評価、有形資産価値評価、金融資産価値評価の3つの分野において豊富な経験を有しています。

NERAは、事業と有形資産の価値評価において、類似会社比準法、株価収益率倍数法などの価値評価方法、対象会社の他の資産の価値との比較、財務モデルによる会社の将来のキャッシュフロー算定、そして公有のベンチマーク資産の価値と比較する方法を用いた経験を有しています。

金融資産、準金融資産、金融派生商品の価値評価において、NERAは割引キャッシュフロー法、時価評価法、デリバティブオプションモデル、リアル・オプション、確率加重平均・ダイナミックキャッシュフロー、カスタムシミュレーションモデル、ゼロ裁定取引計算などの方法を利用しています。NERAは多様な資産に関する価値評価経験を有しており、市場の特殊事情・対象資産の潜在特徴・経済状況が市場価値に与える影響などを速やかに特定し、業界標準に従う方法で公平な価値評価を実施しています。経済学・ファイナンス・統計学・計量経済学に関する知識を組み合わせ、伝統的な価値評価方法をはるかに超える先進方法を使用することによって、過去のデータやベンチマークが存在しない、もしくは不足である場合においても、分析を行うことが可能です。

名前 役職 開催場所 電話番号 Email
矢野 智彦 (Dr. Tomohiko Yano) シニアコンサルタント 東京 +81 3 3500 3783 tomohiko.yano@nera.com

入力されたキーワードに該当する結果はありませんでした。 入力キーワードを変更して再度検索を行ってください。