知的財産

特許の濫用

特許権者は、時に、競争事業者に損害を与えるため、あるいは所有特許の保護を特許実施の商品的・地理的・時間範囲以上に拡大させるために特許権を濫用したと訴えられることがあります。このような特許濫用行為には、市場独占化の企て・競走事業者の顧客関係への干渉・競争事業者の販売能力を弱める企てなどが含まれます。NERAのエコノミストは、こうした行為によって損害を被った当事者への相当な賠償額を算定しています。NERAは、例えば市場画定、市場支配力、競争制限効果の可能性といった、当事者が立証責任を負う独禁法上の問題や、特許権の濫用の申し立てに関連した損害額の算定を分析を提供しています。

入力されたキーワードに該当する結果はありませんでした。 入力キーワードを変更して再度検索を行ってください。