知的財産

商業的成功

特許侵害で訴えられた企業(または訴えられる可能性のある企業)は通常、特許が無効であると主張します。特許の無効性を証明するための法的手段の1つに、当該特許請求が「明らかである」ことを証明する方法があります。「明らかであること」を示す法的手段の1つに、特許技術の実施商品が既に商業上の成功を収めているかどうかを証明する方法があります。即ち、当該特許が明らかであるなら、特許と全く同じ(または実質的に同等な)特徴を有する商品が発売されているはずであり、特許の実施品の商業的成功が妨げられているはずであるという論理です。逆に、特許の実施品が商業的に成功しており、かつ、その成功が特許技術によるものであるなら、当該特許が明らかでないという推定が成り立ち、したがって特許が有効とみなされることになります。NERAの専門家は、特許の実施品(特に医薬品)の商業的成功を評価する分析を行っています。

入力されたキーワードに該当する結果はありませんでした。 入力キーワードを変更して再度検索を行ってください。