知的財産

著作権侵害

NERAは著作権侵害の紛争における損害賠償額を算定を行っています。著作権侵害の事案では、NERAは原告側の実際損失または被告側の不当利得の算定を行います。

NERAのエコノミストは、著作物の追加的価値の正確な算定を行うために、消費者による購買意志の決定に影響を与えうる関連要因を考慮しながら、もし著作権の侵害が行わなわれなかったとしたら何が起こっていたはずであるか評価します。その際、NERAの専門家は会社内部のデータや文書、市場情報、アンケート調査や統計分析の結果などを慎重に分析し、当該著作権そのものが市場に与える効果だけを切り離して損害額や利得を推定します。

入力されたキーワードに該当する結果はありませんでした。 入力キーワードを変更して再度検索を行ってください。

タイトル 開催日
録画公開中【2022年5月開催】NERAウェビナー「企業訴訟・規制対応を円滑に進めるためのエコノミスト活用2022」 2022年5月19日
争訟・規制対応のアンケート調査 ~不正競争防止法の争点を中心に~ 2022年2月24日
【2021年11月開催】外部ウェビナー「立証手段としてのアンケート調査~訴訟・審判・規制対応のアンケート調査で失敗しないための心得~」 2021年11月4日
【2021年7月開催】NERAウェビナー「個人情報・営業秘密漏洩の損害賠償」 2021年7月20日
【2021年2月開催】NERAウェビナー「特許権侵害の損害賠償の最近の動向と今後の対応について」 2021年2月10日
【2020年7月開催】NERAウェビナー 訴訟・規制対応の場面におけるエコノミストの役割 2020年7月17日
知的財産分野における立証のためのアンケート調査の方法/知財紛争における損害賠償額算定 2019年11月29日
【7月開催】森・濱田松本法律事務所・NERAエコノミックコンサルティング共催セミナー「複雑・困難化する独禁法審査をいかに乗り切るか:平成30年度主要な企業結合事例及び近時... 2019年7月17日
【4月開催】訴訟・規制対応の場面における経済学専門家の役割:NERA東京事務所紹介セミナー 2019年4月23日
商標法と不正競争防止法のアンケート調査活用法 ~識別性と混同のおそれにおける実験デザインの重要性について~ 2018年12月7日