知的財産

知財の価値評価

知的財産の価値を適切に評価するためには、その知的財産が使用されている市場状況を深く理解することが欠かせません。経験則に基づく計算は、往々にして法的な争いの場における相手方の厳しい批判に堪えられないことになります。紛争解決の手続以外の場においても、型にはまった価値評価方法や会計的な割り当て方法を機械的に適用すると、知的財産の価値を誤って算定することになりかねません。

知的財産の価値評価を適正かつ堅牢なものにするために、関連市場および当該知的財産に特有な情報を十分に考慮しなければならないことを、NERAの専門家は十分に心得ています。NERAでは、実際の価値評価の際に関心の対象となっている知的財産が将来いかなる状況に置かれることになるかを見越した上で適切な仮説検証を行っています。知財の盗用による金銭的影響、多国籍企業グループの知財使用における移転価格、単独の知財または知財ポートフォリオの売却または使用許諾における価値評価、知財の使用許諾における適正な価格やその他の条項を含めた意思決定、知財の盗用または法的保護の喪失による金銭的効果といった知財にまつわる諸問題について、NERAのエキスパートは厳密な分析を提供しています。

NERAのエコノミストは無形資産の価値評価において豊富な経験を有しています。具体的には、会計報告と税務対応、分社化や資産の売却、多国籍企業内部における無形資産の使用に係る移転価格などの業務について多くの依頼を受けております。NERAは取引前後の知財価値に関する助言を行い、企業が税務報告義務を果たすために必要な文書化を行うための支援を行っています。

名前 役職 開催場所 電話番号 Email
石垣 浩晶 (Dr. Hiroaki Ishigaki) マネジングディレクター
東京事務所代表
東京 +81 3 3500 3295 hiroaki.ishigaki@nera.com