日清カップヌードルの位置商標の認識度調査

概況

株式会社日清食品ホールディングスは、人気商品カップヌードルのカップに施された図形模様の商標登録を目指していたが、特許庁の拒絶査定を受け、状況を打開するために困難な対応を迫られていました。

図形模様は長年使用してきた実績がありましたが、商品名・会社名・ロゴマークなどと共に用いられてきたために、図形模様そのものの識別力を示すには、消費者アンケート調査による証拠が有力な立証手段でした。

そこで日清食品は、図形模様自体の使用による識別力獲得を立証するため、NERAエコノミックコンサルティングに消費者アンケート調査を依頼しました。

NERAの役割

NERAはアンケート調査の専門家として、調査手法に瑕疵がないように配慮すると共に、コンサルタントとして、審査をクリアするために最適な調査を設計し、特許庁に調査結果をまとめた報告書を提出しました。

結果

大規模アンケート調査を実施したところ、カップヌードルの人気に見合った高い認識度が得られ、特許庁の懸念を払拭するための有力な材料になりました。NERAの報告書が大きく寄与し、平成30年4月6日に位置商標の登録がなされました。