人事・労務

NERAのエコノミストは、人事・労務問題のスペシャリストとしても長期にわたって評価されてきました。NERAのカバーする領域は、集団訴訟の原告適格性、差別待遇、賃金や勤務時間に係る訴訟、経済的損失・損害、アファーマティブ・アクション、差別調査、サンプリングや実地調査などです。人事・労務プラクティスのエキスパートは、調査対象の従業員、企業、および労働市場の個別具体的な情報に基づき厳格な経済分析を行います。また、専門的な統計知識を活用し、対象事案における重要課題に対応するための計量経済分析を行ない、説得力のある言葉とグラフィックを用いて結果を説明します。NERA独自の調査やサンプリング分析だけでなく、クライアントが大規模で複雑な人事関係のデータベースを最大限効率的に管理できるよう、高度なデータ加工技術を提供することも可能です。クライアントは、訴訟において請求額の統計的評価を行なう専門家として、また日次的な従業員管理において、公平な人事業務が担保されるよう、NERAのコンサルティング・サービスを利用します。 

入力されたキーワードに該当する結果はありませんでした。 入力キーワードを変更して再度検索を行ってください。

入力されたキーワードに該当する結果はありませんでした。 入力キーワードを変更して再度検索を行ってください。