商事紛争と損害評価

事業における複雑な紛争には、複雑な経済学上の問題が存在し、その解決には、リソース・情報・経験を総動員し、厳密で偏りのない科学的アプローチに基づいた客観的ソリューションが必要となります。

NERAのエキスパートは、会社訴訟や一般民事事件における損害賠償請求等の争訟において、経済分析に基づいて依頼者のサポートを行います。

例えば、役務提供や工事請負等における契約不履行や、業務提携契約の解約において、逸失利益に基づく損害額の算定を行い、訴訟・仲裁・和解における交渉を有利に進めるための支援を行っています。このような紛争は、国内企業間だけでなく、国境をまたいだ企業間の取引においても頻繁に発生しており、NERAは数多くの紛争解決に関わってきました。

我が国では、交通事故等の多数発生している事件を別にすると、取引の履行や取引の解消に伴う損害賠償の問題や、販売した商品やサービスの不都合や欠陥による損害賠償にかかわる、営業上の逸失利益、稼働・営業妨害による損害、経済上の損害、風評損害等については必ずしも明確な先例がなく、経済専門家の役割は非常に重要なものとなっています。風評損害や経済損害にかかわる逸失利益等は、どんぶり勘定で算定されるべきではなく、可能な限り客観的な証拠や分析に基づく評価が行われるべきであり、NERAはそういった評価を提供することが可能です。

経営戦略上の意思決定や公共政策、競争、政府規制に関わる問題についても、業界経験と経済学・ファイナンス・統計学・会計学・価値評価の理論に関する知識をフルに活用し、学術的に厳密な分析を行うと共に、依頼者に納得のいくような分かりやすい説明に基づいた助言を行います。

商事紛争対応関連サービス: 

• 損害賠償額評価 
• リスク分析と紛争回避 
• 紛争の早期解決支援 
• 事案の実体的事項を理解するための予備的分析 
• 経済的な影響の客観的な分析に基づく意見書作成や法廷証言


事業戦略形成支援アドバイザリ・サービス:

• 競争や規制、経営上の意思決定が、市場や企業パフォーマンスに与える影響の分析 
• 費用や価格設定、製品戦略の分析 
• 債務評価とリスク管理
• 事業や無形資産、オプションの価値評価

名前 役職 開催場所 電話番号 Email
Dr. Patrick Conroy マネジングディレクター
証券・金融プラクティス代表
New York City +1 212 345 1466 patrick.conroy@nera.com
Dr. David Tabak マネジングディレクター New York City +1 212 345 2176 david.tabak@nera.com
石垣 浩晶 (Dr. Hiroaki Ishigaki) マネジングディレクター
東京事務所代表
東京 +81 3 3500 3295 hiroaki.ishigaki@nera.com
金子 直也 (Dr. Naoya Kaneko) シニアコンサルタント 東京 +81 3 3500 3294 naoya.kaneko@nera.com
青木 雄介(Yusuke Aoki) アナリスト 東京 +81 3 3500 3297 yusuke.aoki@nera.com

入力されたキーワードに該当する結果はありませんでした。 入力キーワードを変更して再度検索を行ってください。