集団訴訟

経済分析は、様々なタイプの集団訴訟において重要なツールとなります。NERAのエキスパートは、集団(クラス)全体に影響する共通要因の特定、被害の立証、クラス内の利益相反の分析、および損害額算定アプローチの適用可能性など、集団訴訟で発生する経済的問題について助言を行っています。NERAのエコノミストは、市場についての深い理解をベースに、高度な経済学的理論と定量分析を適用。訴状提出前から開示手続きと審理までのすべての段階においてクライアントを支援し、弁護士、陪審員、裁判官、そして相手側のエコノミストが理解できるよう明解で簡潔に結果を提示します。 NERAは以下のような専門性を有しています:

独占禁止法と競争政策
NERAのエキスパートは通常、経済分析を用いて、損害を受けたという事実と損害額(過剰請求額)が、集団の構成員全員について共通の証拠を用いて立証できるか、もしくはそれぞれ個別に、あるいはグループごとに証拠が必要であるかを検証します。 

雇用契約
NERAのエコノミストは、差別待遇、または賃金や勤務時間に関する違法行為に係る集団訴訟において議論される広範な経済学的問題、具体的には集団全体に影響する共通要因の特定、被害の立証、クラス内の利害関係、損害額算定アプローチの適用可能性などについて分析や助言を提供しています。

製造物責任
NERAのエキスパートは、虚偽の表示、不正行為、欠陥商品、または価値下落を主張する消費者集団訴訟の各プロセスにおいて助言を提供します。 NERAは、クレジットカード、自動車、自動車部品、コンピュータ、スポーツ用品、医療品、建築材料、およびテレコム製品など広範な産業での経験を有しています。

資本市場
NERAの証券・金融プラクティスのエコノミストは、証券集団訴訟において頻繁にコンサルティングや専門家証人としてのサービスを提供しています。NERAの専門家は、原告団が組成される前からリスクエクスポージャーや、和解した場合に被告が支払う推定損害額などを分析するよう頻繁に依頼を受けます。NERAは、損害算定方法についての深い知見と、過去に和解した数百件の集団訴訟についての社内データベースを駆使して、リスクエクスポージャーと推定損害額を算定し、訴訟規模を評価します。NERA は、訴訟を進めるべきかどうかという初期の問題に直面するクライアントに対しても、助言を提供します。

名前 役職 開催場所 電話番号 Email
石垣 浩晶 (Dr. Hiroaki Ishigaki) マネジングディレクター
東京事務所代表
東京 +81 3 3500 3295 hiroaki.ishigaki@nera.com
矢野 智彦 (Dr. Tomohiko Yano) シニアコンサルタント 東京 +81 3 3500 3783 tomohiko.yano@nera.com
タイトル タイプ 著者
アメリカ証券集団訴訟の最新トレンドとコーポレートガバナンス Published Article 石垣浩晶