国際仲裁

国際仲裁は、すべてのクロスボーダー紛争の解決に向いた方法として利用が増えています。国際仲裁の件数は過去10年間で急増しており、同じく紛争の複雑性と主張する金額も増加して、厳密な経済分析とアドバイザリの必要性が増しています。 
NERAの国際仲裁の専門家は、今日の仲裁事案に必要な経済学に基づくサポートを提供します。数十年間にわたる訴訟の経験と、規制市場や競争市場での豊富な経験に基づき、当社のエコノミストは、様々な形態の仲裁法廷で、法律事務所や企業に助言を提供してきました。 
当社は、客観性と、独立した立場での経済・財務分析や意見書の作成で高く評価されています。当社の専門家チームは、複雑な財務モデリング手法、規制当局の決定の解釈、契約上の権利の定量化を通じて数多くの損害や対価の分析を行い、規制・政策を解釈し、契約の価値や、政府の決定が特定の投資にどのような影響を与えるかを評価してきました。NERAの専門家は、以下を含む主要機関や手続き上の規則のもとで、仲裁手続きにおいて証言を行ってきました。

  • 国際商業会議所(ICC) 
  • 国際投資紛争解決センター(ICSID) 
  • ロンドン国際仲裁裁判所(LCIA) 
  • アメリカ仲裁協会(AAA) 

当社は、以下を含む産業や地域の機関での経験も豊富に有しています。 

  • 米国金融取引業規制機構(FINRA) 
  • 一般社団法人日本商事仲裁協会 
  • 土地審判所(Lands Tribunal) 
  • ニューヨーク証券取引所 
  • 米国証券業協会 
  • ウィーン国際仲裁センター(Vienna International Arbitral Centre)、オーストリア連邦経済評議会(Austrian Federal Economic Chamber)  
名前 役職 開催場所 電話番号 Email
Dr. David Tabak マネジングディレクター New York City +1 212 345 2176 david.tabak@nera.com
石垣 浩晶 (Dr. Hiroaki Ishigaki) マネジングディレクター
東京事務所代表
東京 +81 3 3500 3295 hiroaki.ishigaki@nera.com

入力されたキーワードに該当する結果はありませんでした。 入力キーワードを変更して再度検索を行ってください。